マネキン探しならココ!マネキンおすすめランキング

Home > マネキン情報 > マネキンの種類について

マネキンの種類について

 街やショッピングモールの前を歩くと季節にあわせたショーケースに目が止まると思います。デザイナーやスタイリストのセンスが問われるディスプレイですが、そこに使われているマネキンに種類があるのはご存知でしょうか。もしかするとあまり注目されたことはないのかもしれません。そんなただ服を見せるための人形ではない、幅広いファッションに対応するマネキンの魅力についてお話したいと思います。多くの人は洋服を飾るための人形をマネキンと呼びますが、マネキンは足からつま先まで人の形を模した人形を言い、店内などで見かける首から上半身のみのものはトルソー、もしくはボディと呼ばれます。トルソーは飾り付けの見本として使われるだけでなく、洋装の製作中などに使えるものや和服の着付け練習用など特別な用途専用のものもあります。

 マネキンは最初からポージングを決められている場合が多いのですが、トルソーはアームを取り付けることによって自由に動きを表現することができます。アームにも種類が様々あり、関節を細かく動かして物を持たせられるものや、ワイヤーなどで柔らかい動きを表現できるものなどコーディネートにより柔軟に対応できるようになっています。マネキンやトルソーには形だけでなく、素材にも種類があります。布張りの素材は見た目が柔らかく、親しみのある素材なので、カジュアルなファッションやフォーマルなどの日常的なファッションを引き立てます。逆に体の質感をリアルに見せる塗装仕上げのマネキンは、水着やランジェリーなど露出の多くでる飾り付けなどに向いています。どんな素材を選ぶか、どのような動きを作るかなど自由度が高い分スタイリストのセンスが問われるところではないでしょうか。

 マネキンはただ全身を模しているというだけではありません。様々なポージングで実際にその服を着ればどんな雰囲気になるのか、服の丈感やシルエットなどをわかりやすく伝えてくれます。それは言葉だけで伝えるのはとても困難です。ショップなどに置かれているマネキンを見比べてみるとよく分かるのですが、アウトドアファッションではがたいの良いマネキンが、スーツなどではスマートなマネキンが使われています。ブランドの客層にあわせた体型のマネキンを使うことで、お客様はより服を着たときの状況を想像しやすくなります。もしこれが平均的な体型のものだけを使用していたとしたら、どこか野暮ったく感じ、その服を買おうとは思わないでしょう。このようにマネキンとは喋らない営業であり、ファッション業界ではなくてはならないものなのです。

カテゴリー