マネキン探しならココ!マネキンおすすめランキング

Home > マネキン情報 > マネキンを使ったディスプレイ演出のコツ

マネキンを使ったディスプレイ演出のコツ

 衣類を扱うお店であれば、マネキンのディスプレイでどのように演出するのかがとても重要になってきます。マネキンの置き方や飾り方一つで大きくお店の売上が左右されることもあります。とはいっても効果的なマネキンのディスプレイの方法というのは普段の生活ではなかなか学ぶことができません。そんなマネキンを扱うお店でのディスプレイでのコツを紹介します。まずはお店で一番力を入れたい商品をディスプレイすることです。お店の前を通りがかった人やどんな商品があるのかをまず目にするのはマネキンです。そのためマネキンがつけている商品からお店の第一印象が決まります。例えば季節を先取りしていることに力を入れているお店であればその先取りした商品を着せてみましょう。見た人はこのお店は次の季節の商品を扱っているんだな、という印象をひと目で与えることができます。

 次に大切なのはマネキンだけで宣伝しようとはしないことです。ある程度マネキンのディスプレイ方法が身についてくると、どんな商品を着けるかということばかり考えがちになりますが、他の小物商品を利用して更にディスプレイの幅を広げることも忘れてはいけません。例えばマネキンにつけている衣類が明るい感じの春らしい服装であった場合、同様に春らしい明るいバックを方から掛けたりすれば効果はあがりますし、店舗の商品だけでなく後ろの壁に春らしいイメージの絵があってもよいです。マネキンだけで表現するのではなく、マネキンを使ってどのように表現するのかと考えるようにしましょう。カップルに来てほしいと考えているお店であれば、男性と女性のマネキンを並べるのも効果的です。また、ぱっと見ただけでイメージを伝えるように心がけることが重要です。まず目にするのはマネキンであると記載しましたが、そのマネキンを見ている時間は長くありません。人によっては一瞬しか見ない場合もあります。その一瞬で見た際にお店のイメージが伝わるとお客に購入意欲を与えることができます。衣類を販売している店舗であれば商品はハンガーでかけたり棚に並べたりするのが基本ですので、なかなか着た時の雰囲気を伝えることができません。
ですがマネキンであれば自分が着たらどんな感じになるのかがすぐに頭にイメージできるのです。

 また、ぱっと見ただけでイメージを伝えるように心がけることが重要です。まず目にするのはマネキンであると記載しましたが、そのマネキンを見ている時間は長くありません。人によっては一瞬しか見ない場合もあります。その一瞬で見た際にお店のイメージが伝わるとお客に購入意欲を与えることができます。衣類を販売している店舗であれば商品はハンガーでかけたり棚に並べたりするのが基本ですので、なかなか着た時の雰囲気を伝えることができません。ですがマネキンであれば自分が着たらどんな感じになるのかということがすぐに頭にイメージできるのです。このようにマネキンひとつで売りたい商品、お店のイメージを伝えることができます。ディスプレイのコツで重要なのはマネキンはお店の広告塔であると考えることです。もしお店のチラシやCMを出すとしたらお店の何を一番力を入れてウリにするのか、どんな雰囲気のものにするのか、など色々考える部分が出てくると思いますが、それをマネキンで表現することが重要なのです。

次の記事へ

カテゴリー