マネキン探しならココ!マネキンおすすめランキング

Home > マネキン情報 > ロボット技術やAI技術で進化するマネキン

ロボット技術やAI技術で進化するマネキン

マネキンというのは、洋服を着せることのできる人形のディスプレイアイテムのことです。
デパートの洋服売り場に行けば、まず見つけることのできるもので、世界中で活用されているディスプレイアイテムになります。
基本的には、洋服を着せて展示させておくだけで、それ以外の機能が付加されていることは稀です。
ただ、最近はモニターが付いていて、そこに様々な情報を流すことも多くなってきました。
顔の部分がモニターになっていて、色々な情報が映し出されるケースは多いですね。
また、マネキン自体がロボットになっていて、簡単な会話をすることができる場合もあります。
これからは、さらに進化していくことが予想されています。
高度なAIを搭載したロボットをマネキンにすると、ただ単に洋服のディスプレイというだけの役割では終わらなくなるはずです。



マネキンは時代によって変化してきている場合が多い

マネキンは、時代の人物像を映す鏡になっていると言っても過言ではありません。
時代ごとに女性の体系も流行の容姿も変わってきますから、自然と時代により変化していくことは避けては通れません。
昔はどちらかというと小さな荒い作りのマネキンが多く、海外のモデルのような体系は少なかったかもしれませんが、現代では海外のモデルをそのままうつし出したようなスタイルのデザインの物も飾ってあり、時代の変化をより強く実感することができます。
もちろん女性のスタイルも、昔に比べると驚くほどよくなってきていますから、販売されている洋服もとてもスマートで細身のデザインが多くなってきており驚きを隠せません。
街を少し歩くだけでも美しいマネキンは多く、見ているだけでも心和む美しさです。
顔のイメージもより繊細に制作されているものも多い傾向にあります。



マネキンと言う言葉のかつてと今です

マネキンと言う言葉で最初に頭に浮かぶのが人形です。
デパートと、その他にもファッション関係、ブティックやアパレルには必ずと言って良いホヴに必要となる人間の形をした人形です。
良く言うマネキン人形がそれに当たります。
その必要性は高く、デパートやブティックなどでは、ファッションアイテムをただハンガーに掛けて置くだけではなく、実際に商品を立体的に反映されるための販売効果を狙ってのレイアウトとして使用されると言う事です。
つまりは、お店の玄関、またはショーウィンドウなどに飾っておけば、それだけで多くの視線が集まり、販売の即戦力に反映させることが出来ると言う訳です。
もちろんそのための様々な造りのものがある訳です。
顔から足まで、如何にファッションアイテムの良さを表面に出せるかがポイントと言う事になります。
アパレルも同じように、売れるアイテムを制作するために必要なマネキンと言う事になります。

次の記事へ

カテゴリー